ホーム>木彫り職人ブログ>2011年7月

2011年7月

おやじの夏開幕~~~!

いよいよ・・・7月30日(土曜日)からマスターズ甲子園徳島予選が始まりました~~~!

我が徳島東工業高校は今日阿南アグリ球場で日和佐高校OBと対戦しみごと・・・9対6で勝利しました~~~パチパチパチ・・・・。

次回は来週の日曜日徳島蔵本球場で朝9時30分から板野高校と小松島高校の勝者と対戦します。

まだまだ暑い試合が続きますが甲子園を目指して頑張ります~~~!!

写真の手前が我がチームでひだりから3番目の背番号36が私です。

仏壇用欄間

三重県の豪華な仏壇に使用される欄間です!

素材はケヤキで目は京都の仏具屋さんに頼んでガラス目を別注で作り取り付けました。

かなり豪華な彫刻を施しました。

 

社寺彫刻 木鼻

お寺や神社の飾りでよく使用されます。

口開きと口閉じで2体一対で使用されます。

大きなヘビのオブジェ

東京の250世帯が居住するマンションの入居者の集まる一室の壁にオブジェとして制作しました。

大きさが長さ8メートル幅頭部で約90cm高さ1m50cmとかなり大きなへびです!

顔は忍者ハットリくんのようにと言う依頼でしたので可愛く作りました。

表札

シンプルなです!

表札は材料代金+文字数、画数+着色代金で金額が決まりますのでまずはお問い合わせください。

この他にも色んなオーダーにお答えいたします。

 

懸魚

懸魚です!

懸魚とは寺院や家の屋根破風の飾りです。

昔は火災よけに水に関わりのあるモノを吊るしていたのがこういう形に変化したと言われています。

12面観音像

2mの手のオブジェ

 

兜 伊達政宗

兜 伊達政宗

鍬形が特徴的な兜です。木の持つ温かみを生かしながらシャープな切り口と端正な表情をプラスする工夫をしました。伊達政宗の兜をイメージして作りました。


素材:楠

鍬形に金箔使用

間口:500×奥行き280×高さ680mm

兜 龍虎

龍を彫刻したひのきの木彫りの兜と衝立に竹に虎を彫刻した逸品。吹き返しにも龍を彫刻し龍にはガラスの目玉を入れております。深い彫りで見応えのある兜に仕上がっております。後ろ側も丁寧に細工しております。


素材:ひのき

間口:1290×奥行き500×高さ580mm

兜 龍虎

兜 龍虎

兜 龍虎

兜 龍虎